永森誠一・法学部教授 最終講義

記事のみ印刷 全画面印刷

 本日14時30分からの高塩博・法学部教授の最終講義のあと16時10分から、同じく法学部の永森誠一教授の最終講義が渋谷キャンパスの常磐松ホールにて行わました。永森教授は昭和54年に着任し、40年もの長きにわたり政治や政治学の授業を担当してきました。

   最終講義は「政治と政治学」と題して行われ、アリストテレスやマキャベッリ、永森教授が直接指導を受けられた岡義達、京極純一、バーナード・クリック等の先人たちの論を辿りながら、「政治」はそれ以外のなにものではなく、「政治」を守るものとしての「政治学」のあり方を丁寧に説明されました。

   講義後に現役学生から花束の贈呈を受け、聴講されていた教え子のみなさまから盛大な拍手が贈られていました。

 

イベント(在学生・教職員向け)

未分類