山井綱雄之會(第9回)

記事のみ印刷 全画面印刷

国立能楽堂_概観 金春流能楽師で本学卒業生の山井綱雄氏が自ら企画公演する会「山井綱雄之會」が午後2時から国立能楽堂で行われました。

国立能楽堂入口 今回は「義経と弁慶」をテーマに、「橋弁慶」と「安宅」の能2番を中心に構成され、シテの武蔵坊弁慶は綱雄氏が、子方の牛若丸(「橋弁慶」)と義経(「安宅」)には長男の綱大(こうた)君が演じました。
 綱大君は小学校5年生、今回が最後の子方とのこと。終演後ロビーでファンの方々との記念撮影に応じていました。

山井綱雄之會 当日配付資料(一部) 当日配付の資料には、綱雄氏による演目の解説ほか、平成26年度文化庁文化交流使として2月1日から3月15日までのパリ・ニューヨーク・バンクーバー・ロサンゼルスへの日本文化発信の旅への意気込みがつづられていました。

撮影・取材