山西治男教授著書刊行

記事のみ印刷 全画面印刷

「英語がほとんど話せない人でも1カ月でそこそこ話せるようになる本」 本学文学部外国語文化学科山西治男教授の著書「英語がほとんど話せない人でも1カ月でそこそこ話せるようになる本」が本日刊行されました。本書では、英語と日本語の本質の違いを捉えた上で、英語を話すコツとして、「誰が」「何を」「どうするか」の3つの箱を使って、日本語を英語に変換する方法を紹介しています。

 本編に登場するキャラクター「豆しばくん」の表紙が目印です。書店でぜひお手にとってご覧ください。

撮影・取材