「東京トレンドランキング」取材

記事のみ印刷 全画面印刷

かけうどんととり天撮影中 3号館1階の学食「和[NAGOMI]」が、ぐるなびと東京メトロが発行しているフリーペーパー「東京トレンドランキング」の取材を受けました。

 2009年9月24日、3号館が竣功した後期授業開始日にオープンした和[NAGOMI]は、和をコンセプトにしています。いまや看板メニューとなっているうどんは、開店のためにスタッフが香川に赴き、勉強しました。生麺としょうゆ、そして、6種類のだし(かつお節、うるめ節、めじか節、さば節、昆布、いりこ)のうち昆布以外の5種類は香川から取り寄せ、本場の讃岐うどんを忠実に再現しています。
 「いりこ(煮干し)」がはいっていることが讃岐うどんのだしの特徴となっています。

かけうどん・とり天 うどんは女子に人気。一般の方も利用できるため、近所の会社員の方や青山学院大学の学生も利用しているとのこと。今回はかけうどん(200円)に、一日70食でるというとり天(90円)をトッピング。90円で2個のとり天がついてきます。ほかには、肉うどん(400円)やトッピングはきつね(90円)などが人気があるそうです。

 また、大変好評でした「あなご天」はあなご高騰につき、しばらくお休みしますのでご了承ください。

スタッフの写真撮影 こちらの様子は、11月号(10月25日発行)巻頭特集「東京まち歩きコンシェル」に掲載される予定です。東京メトロの駅を中心に配布されますので、ぜひ手に取ってご覧ください。

撮影・取材