日経産業新聞取材

記事のみ印刷 全画面印刷

 取材を受ける新富康央人間開発学部長午後4時から日経産業新聞の月曜日「大学面」掲載の「探訪ユニーク学部」の取材があり、新富康央人間開発学部長がインタビューを受けました。
 「教育の前に人間開発あり」と謳い開設された同学部の理念を説明、導入教育やルーム制、3泊4日で行う1年生の必修科目「総合講座(集団宿泊研修)」などカリキュラムの特徴、ならびに、充実した施設を基に実践的な教育を行っていることなど話しました。
 2年生では教育インターンシップ、3年生では教育実習、4年生では中学・高校教諭や幼稚園教諭などの副免許取得と、小学校教諭をめざす学生の履修例を紹介し、どのような教育を受けてきたのかを知るため、また指導した児童にどのような未来が待っているのか知るため、副免許を取得を勧めていると補足しました。
 自身の能力が「開発」されて巣立っていった1期生の就職や、見えてきた課題を踏まえて今後の見直しを図っていることなども語りました。
 こちらの様子は6月中旬に掲載される予定です。

撮影・取材