第54回 都内私立大学教育課程事務担当者懇談会

記事のみ印刷 全画面印刷

 本日14時30分より、渋谷キャンパス常磐松ホールにて、「第54回都内私立大学教育課程事務担当者懇談会」が開催され、同会総会終了後、「なぜ「主体的・対話的で深い学び」が求められるのか-初等中等教育と高等教育の接続-」と題して、齋藤智哉文学部准教授による講演が行われました。

 同講演において、齋藤准教授は教育現場にて定着しつつある「アクティブ・ラーニング」のあり方を問い直し、「協同的学び」によって初等中等教育と高等教育とを接続することの重要性についての丁寧な説明を行いました。

 

その他