展墓

記事のみ印刷 全画面印刷

展墓 本日午前中、坂口吉一理事長、赤井益久学長ほか役教職員による展墓(てんぼ※お墓参りのこと)が行なわれました。
 護国寺(文京区大塚)で、山田顕義伯の墓を参拝しました。


 山田顕義伯(天保15年(1844)~明治25年(1892))は、松下村塾で吉田松陰に学び、戊辰戦争を経て、明治政府で司法大臣を務めました。
 皇典講究所の創設にも関わり、明治22年(1889)1月皇典講究所所長に就任。明治23年(1890)7月 皇典講究所内に国文、国史、国法に関する教育機関として國學院を創設するなど、本学の草創期に大いに尽力されました。

その他