震災復興支援活動@いわき市久之浜

記事のみ印刷 全画面印刷

ヨーヨー釣りの出店 本日、福島県いわき市久之浜で行われた「合同神幸祭」で、本学の学生・教員らが縁日の出店のお手伝いなどで参加しました。今年は、神道文化学部生のほか、昨年12月の学術資料センター主催「陸奥金華山と女川の震災復興に学ぶ」スタディツアー参加学生らが参加しています。また、サークル「若木睦」の10人は独自に行動計画を立て、現地合流という形をとりました。

 この縁日出店は、下谷神社(東京都台東区)の阿部明徳宮司の企画・呼びかけによるもの。阿部宮司は、東日本大震災発生当初より精力的に被災地支援に取り組んでいます。
 学生たちは射的やヨーヨー釣りなどの出店で地元の子供たちなどと交流を図りました。

 前日には、宮城県女川町の熊野神社例大祭にもボランティアとした学生も。御神輿担ぎの手伝いとして地元の人と交流を図りました。

その他