卒業生の矢森さん大学訪問

記事のみ印刷 全画面印刷

入札王の開発に携わった矢森さん 本日、本学卒業生の矢森久晴さん(平10卒・106期法)が渋谷キャンパスを訪問しました。矢森さんは株式会社ズノーで公共事業の入札情報を公開する「入札王」というシステム開発に携わり、官公庁や地方自治体が行う入札事業に中小企業が参加しやすくする仕組みを開発しました。現在は、全国の商工会議所と連携して、「入札王」の普及活動に取り組む傍ら、地方の商工会議所主催のセミナーなどで公共事業入札に関わる講演を行っています。このような取り組みは公平性が保たれなければならない公共事業入札における新たな取り組みとして日本情報産業新聞にも取り上げられました。

毎日の食事を分析するアプリ「やせテク」 現在、矢森さんが勤める株式会社ズノーでは、「ローソン」「ズノー」「チームラボ」と合弁で新会社を立ち上げ、若者向けスマートホンアプリ『やせテク』を開発。栄養バランスの方よりがある一人暮らしの学生などが、毎日の食事を入力すると栄養素とカロリーが表示されます。

その他