東日本学生ソフトテニスダブルス選手権

記事のみ印刷 全画面印刷

 北海道、東北、関東、甲信越の大学が参加する東日本学生ソフトテニスダブルス選手権が7月3日、千葉県白子町で行われました。6月29日から続いた大学対抗戦、シングルス選手権に続く大会で、本学ソフトテニス部は男女それぞれに活躍しました。

 男子では261ペアがエントリー。4回戦で第1シードの強豪・早稲田大学のペアを退けるなど、各大学の有力ペアとの激戦を勝ち上がった濱野達哉選手(健体4)・佐藤勇乃介選手(経3)ペアがベスト8に入賞しました。

 113ペアがエントリーした女子の大会では、香川由可子選手(中文4)・坂東可音選手(史4)ペアのベスト16が最高でした

部会・サークル