全日本大学駅伝予選会 4年連続で伊勢路の切符獲得

記事のみ印刷 全画面印刷

 11月4日に熱田神宮ー伊勢神宮間で行われる全日本大学駅伝の予選会が、本日午後5時30分からさいたま市駒場運動公園陸上競技場(浦和駒場スタジアム)で行われ、本学陸上競技部は4年連続6回目の本戦出場を決めました。

 出場校20校から1チーム8名が2名ずつの4組に分かれて、それぞれ10,000メートルを走り、その合計タイムを競い上位8校が本戦の出場権を獲得します。30度を超える暑さの中始まった予選は、1組目で熱中症による棄権者が出るなど波乱含みの展開。

 各組ともスローペースで進む中、本学の選手たちは、1組目で臼井健太選手(2)が2位、2組目で小中駿祐選手(4)が4位に入るなど3組目までを走った6人全員が31分20秒以内にタイムをまとめ3組目終了時点で3位につけました。

 最終の4組目では、土方英和主将(健体4)と浦野雄平選手(経営3)の両エースが、外国人ランナーら各校の実力者に引けを取らない走りを見せ、29分台のタイムを記録。法政大学に次ぐ2位での予選突破となりました。

 結果発表後、前田康弘監督は「ここまで来たらトップ通過を狙いたかった。おごることなく駅伝シーズンで存在感を発揮できるようにしたい。全日本大学駅伝のシード校が今年から8校になる。まずはそこを狙っていきたい」、土方主将は「目標の3位以内を達成することができた。トップ通過が狙えたので悔しい。箱根駅伝の予選会(10月13日)が次の戦いになる。一人一人が自覚を持って戦っていきたい」とそれぞれ安堵感をにじませながら今後への課題を口にし飛躍を誓いました。

 

部会・サークル