関東学生卓球 1.2部入替戦 卓球部女子1季で1部返り咲き

記事のみ印刷 全画面印刷

鹿股・塚本ペア 本日正午から、新座市民総合体育館で関東学生卓球連盟秋季リーグの1・2部入替戦が行われました。昨季2度目の1部で1勝を挙げるも降格した本学卓球部女子は、今季リーグ戦を2位で通過しています。今日は、1部7位だった淑徳大学と対戦。いずれの試合も接戦に次ぐ接戦となりました。4試合を終えて2勝2敗となり迎えた5試合目は、6月に行われた関東学生選手権大会でベスト4に入ったで鹿股まりなさん(神文1)・塚本佳苗さん(日文1)ペアが登場。フルゲームまでもつれる試合を3-2で制して昇格に王手をかけた。続く6試合目も、主将の松本理沙さん(日文4)が3-2で食い下がる相手を引き離し1部昇格を手にしました。

 試合後、松本さんは「入替戦に勝って来年の1部を後輩に託すことができる嬉しい」、次期主将の小島悠夏さん(初教3)は「来季は3度目の1部。一人ひとりが自覚を持って練習し1部上位を目指す」とそれぞれ心境を語りました。

部会・サークル