柔道部・藤阪泰恒君 ユニバーシアード競技大会で金メダル

記事のみ印刷 全画面印刷

 台湾・台北で行われている第29回ユニバーシアード競技大会で、本学柔道部の藤阪泰恒君(健体3)が金メダルを獲得しました。8月23日に行われた柔道男子60kg級に出場した藤阪君は、初戦から一本勝ちを重ね順調に勝ち進みました。準決勝では、カザフスタンの選手に技ありを2つ取られ劣勢に立たされましたが、終了間際に寝技で押さえ込み一本勝ちで逆転勝利、続く決勝もフランス代表の選手を相手を崩して投げると「技あり」を奪い、そのまま寝技で押さえ込み、一本勝ちで退け金メダルを獲得しました。

 同大会柔道でのメダル獲得は、第26回大会(平成23年)の川上智弘選手(現・本学職員、柔道部コーチ)以来となります。

 今年2月に行われた国際大会でも優勝している藤阪君は、全日本強化選手としてオリンピック候補の選手の1人として更に期待されることになります。今後もご支援のほどよろしくお願いします。

 なお、会場には本学関係者のほか、南台科技大学で語学留学を行っている11人の学生たちも応援に駆けつけ、日の丸と國學院大學の小旗を振り、大きな声援を送っていました。

部会・サークル