【國學院×和装】落語研究会 七夕特別寄席

記事のみ印刷 全画面印刷

 7日に行われる和装デーの企画として、落語研究会による「七夕特別寄席」が今日から始まりました。明後日までの3日間、昼休みの時間に3号館1階で行われています。

 日本の伝統話芸である「落語」。浴衣に身を包んだ学生たちが、毎日2人ずつ高座に上がり練習の成果を披露します。本日は、回鍋楼祐林さんが「親子酒」を迷酩亭つごも里さんが「つる」を口演しました。学生たちの熱演に観客からは笑いがこぼれていました。明日、明後日も行いますので、ぜひお越しください。

部会・サークル