全日本学生柔道優勝大会 本学柔道部はベスト8

記事のみ印刷 全画面印刷

島田君の一本 全日本学生柔道優勝大会(全日本学生柔道連盟主催)が昨日、今日の2日間にわたり日本武道館で行われました。5月に行われた東京学生柔道優勝大会でベスト16に入り出場権を獲得した本学柔道部は、初日の1回戦から出場です。全国の強豪がひしめく中、同部は、国際大会での経験を積んだ二見省吾君(経3)や島田隆志郎君(健体2・写真上)らを中心に上位進出を目指しました。

澁谷君 1回戦の関西学院大学、2回戦の大正大学をそれぞれ危なげなく4-0、6-0で退けた同部は3回戦で山梨学院大学と対戦。昨年度の同大会でも3回戦で対戦し代表戦までもつれた強豪に対し、今回は、大将の澁谷裕次郎君(法3・写真下)が小外掛で一本勝ちを収めるなど接戦を制し3-0で勝利しました。続く準々決勝では、昨年度準優勝の日本大学に1-5で敗れましたが、昨年に続きベスト8で今大会を終えました。優勝は東海大学。

 個人表彰で、優秀選手に本学から二見君が2年連続で選ばれました。

部会・サークル