第96回東日本学生相撲選手権大会

記事のみ印刷 全画面印刷

賞状を手にしての記念撮影

 相撲の聖地・両国国技館で第96回東日本学生相撲選手権大会が6月11日に行われました。同大会は遠藤関、御嶽海関、豊山関などを輩出している権威ある大会です。

 本学からも相撲部部員を中心に、加藤琢磨君(神文3)、新井剛君(初等1)、大賀興一君(法2)、栗原樹広君(史1)、林祐樹君(神文4)の5人が団体戦Cクラストーナメント戦に参加しました。応援に駆けつけた本学応援団や相撲部OBの声援のもと、全員が善戦し、東京慈恵会医科大学を3対2、東北大学を3対2で下して決勝に進みました。決勝では立教大学に惜しくも敗れましたが、Cクラス準優勝に輝きました。

 午後から行われた個人戦でも、新井君が新人ながら3回戦まで勝ち上がり、ベスト32に入りました。

部会・サークル