ベストナインに諸見里匠君・西丸泰史君が選出

記事のみ印刷 全画面印刷

 5/24に一般財団法人 東都大学野球連盟が春季リーグ戦のベストナインを発表し、遊撃手に諸見里匠君、指名打者に西丸泰史君が選出されました。ベストナインは記者投票によってリーグ戦で優秀な成績をおさめた選手が選ばれる表彰制度です。


 諸見里君は全試合で3番に座り主軸として活躍したほか、安定した守備を見せてチームの勝利に貢献しました。また主将としてもチームを引っ張り、開幕から3カード連続での勝ち点奪取に繋げました。

 36打数で15安打の打率.417の結果を残した西丸君は満票の17票を獲得し、文句無しのベストナイン選出となり、全体の打撃ランキングでも4位に入る活躍を見せました。

 熾烈な優勝争いを繰り広げた本学野球部は惜しくも優勝とはなりませんでしたが、ベストナインに入った2人に加え、全選手の中で最多の20安打を放った二塁手の山崎君や、4勝を挙げて投手ランキングで3位に入った山岡君など多くの選手が活躍し、秋に期待をもたせてくれる結果となりました。

部会・サークル