第49回関東女子学生剣道選手権大会

記事のみ印刷 全画面印刷

引き胴を決める杉本選手 本日、足立区の東京武道館で「第49回関東女子学生剣道選手権大会」が開催され、本学剣道部からは4年生6人、3年生3人、2年生3人、1年生1人の13人が出場しました。本大会で上位28人に入った選手は7月に行われる全日本大会への切符が与えられます。

 同部は、昨年行われた第42回関東女子学生剣道優勝大会の団体戦で準優勝。そのメンバーでもある杉本唯子さん(初教2)は3回戦まで快勝。4回戦、5回戦はいずれも延長戦までもつれる接線になりました。5回戦では、約30分間にわたる緊迫した駆け引きの末、引き胴を決め勝利(写真)。525人の出場者の中でベスト16に輝きました。

 同じく昨年の準優勝メンバーである表ちさとさん(健体4)は、ベスト16をかけた一戦に敗れるも、続けて行われた敗者復活戦で延長の末勝利し、上位28人入りを果たしました。

 表さん、杉本さんは、7月22日(土)に大阪市浪速区のエディオンアリーナ大阪で行われる「第51回全日本女子学生剣道選手権大会」へ出場します。

部会・サークル