東都大学野球秋季リーグ戦(対亜細亜大2回戦)

記事のみ印刷 全画面印刷

HRを打つ久保田君 東都大学野球秋季リーグ、亜細亜大学との2回戦が、本日午後1時50分から神宮球場で行われました。前日の試合で勝利を収めている本学は連勝で今季のリーグ戦を締めくくりたいところです。

 初回、本学の先発投手山岡就也君(健体2)が相手打線につかまります。先頭打者に初球を痛打され二塁打を許すと、一死後、2本のヒットとエラー、四球などが重なり3点を先制されました。その後も相手打線を止められず、変わった投手も失点し6回までで8点をリードされる苦しい展開に。

ホームに戻る久保田君 打線も6回まで相手投手にわずか3安打に抑えられていましたが、7回、先頭の3番山崎剛君(経営3)がヒットで出塁すると続く4番久保田昌也君(健体4)が完璧に捉え、ライトスタンドに2ランホームランを放ち、2点を取りました。

 しかし反撃はこの2点だけにとどまり、2-8で敗れました。

 本日の結果を受け、本学は亜細亜大学と並んで3位になっています。明日が秋季リーグ最終戦となるので、本学硬式野球部にご声援をお願いいたします。

部会・サークル