東都大学野球秋季リーグ戦(対東洋大1回戦)

記事のみ印刷 全画面印刷

先制本塁打でハイタッチ 東都大学野球秋季1部リーグ戦の本学と東洋大学との1回戦が、本日午後2時20分から神宮球場で行われました。先週の専修大学戦を2勝1敗で制し勝ち点を挙げた本学は、優勝に向け負けられない戦いが続きます。春季リーグの東洋大学戦では、あと1勝で優勝決定というところまでこぎつけながら連敗を喫しています。

 今日の試合は、4回表に2番・岡部祐太君(哲4)が内野安打で出塁すると、続く3番・飯野周太君(経営3)がライトポール際に2ラン本塁打を放ち先制しました。(写真:本塁打を放った飯野君を迎える一塁走者岡部君(右))

 しかし、直後に2本の適時打で同点に追いつかれると、6回には安打と2四球で満塁とされ押し出し死球で勝ち越されました。その後は走者は出すものの追いつけなかった本学は2-3で破れました。

國    000 200 000 | 2
東    000 201 00X | 3

 

部会・サークル