関東学生卓球秋季リーグ戦 卓球部、女子優勝 男子は4位

記事のみ印刷 全画面印刷

 本日午後1時から駒沢体育館で関東学生卓球秋季2部リーグ戦、最終日3日目(第5戦)が行われました。本学卓球部は、男子は駒澤大学と、女子は筑波大学と対戦。ここまで4連勝の女子はこの試合に勝てばリーグ優勝となる大一番です。

吉田君 男子は第一試合、第二試合とも落とす苦しい展開となりましたが、第三試合で吉田朋弥君(日文2・写真上)がフルゲームまでもつれた試合を3-2で競り勝ちったものの巻き返しはならず、1-4で敗退。女子と共に今回1部リーグ再昇格を目指して挑んだ秋季リーグでしたが、最終結果は2勝3敗で4位に終わりました。

小島・長尾ペア 女子は序盤の2試合を続けて落とすなど、第四試合を終えて1-3と厳しい状況。優勝に向け後がなくなった第五試合のダブルスで、小島悠夏さん(初教 2)、長尾真由さん(経ネ2)ペア(写真中)がストレート勝ちをすると徐々に流れは本学に傾きます。続く第六、第七試合共に3-0で勝利を重ね、4-3で逆転勝ち。 全勝で、2部優勝と昨年秋以来の1部昇格を勝ち取りました。

 優勝に最も貢献した選手に贈られる敢闘賞に、松本理沙さん(日文3)が選ばれました。

集合写真 女子は、昨季初めて1部昇格を果たしたものの、成果を残せず降格となり、今季は再起を図るシーズンでした。来季は2季ぶりに1部での戦いとなり、1部定着へむけて更なる飛躍が期待されます。

部会・サークル