東都大学野球(対中央大2回戦)

記事のみ印刷 全画面印刷

先発の山岡君 東都大学野球春季リーグ戦、本学硬式野球部対中央大学との2回戦が、本日午後3時35分から神宮球場で行われました。現在リーグ首位の本学は、昨日の1回戦を4-1で勝利していて連勝で勝ち点3を狙いました。

3ランを放つ久保田君 先発の山岡就也君(健体2・写真上)は6回途中3失点と試合を作ると、5回に2点を先制した打線は、6回に2本の安打で走者をためると主将の3番・久保田昌也君(健体4)がセンターへの3ラン本塁打を放つ(写真下)などこの回一挙4点を挙げ突き放しました。9回にも6番・齋藤湧貴君にダメ押しのソロ本塁打が飛び出し、7-3で勝利しました。

國    000 024 001 |7
中    000 012 000 |3

 6日正午からは、未消化となっていた専修大学との3回戦が予定されています。この試合に勝利すると、平成22年秋以来の優勝がいよいよ間近に迫ってきます。

部会・サークル