万葉エコBeeプロジェクト(冬支度)

記事のみ印刷 全画面印刷

内検終了後、新聞紙で隙間を埋める学生 たまプラーザキャンパスで養蜂活動をしている、万葉エコBeeプロジェクト。本日午後2時から、同キャンパス若木21屋上で内検と冬支度の作業を行いました。

糖度66%の砂糖水 先週土曜日には、巣箱の周りを断熱材で覆いましたが、本日は蜜蜂の健康状態をチェックする内検と、彼女たち(働きバチはメス)の食料を補充しました。すっかり採れなくなってしまった花粉と蜜の代わりに、大豆でできた代用花粉と砂糖水の補充を行いました。冬の期間はこれで空腹をしのぎます。

影を使った集合写真 陽が落ちるのもすっかり早くなり、活動が終了した午後4時過ぎには、長い影を作っていました。あと数日で師走です。今年も無事に越冬ができるように着々と準備が進められました。

部会・サークル