プロ野球ドラフト会議

記事のみ印刷 全画面印刷

指名された瞬間 今日午後5時からプロ野球ドラフト会議が行われ、本学硬式野球部からプロ志望届を提出していた柴田竜拓君(経)が3巡目で横浜DeNAから指名を受けました。本学硬式野球部員のプロ指名は5年連続です。

 日中、神宮球場で東都大学野球Ⅰ部リーグ戦を戦っていた選手たちは、午後5時ごろからたまプラーザの硬式野球部合宿所内に集まり始め、テレビで流れるドラフト会議の様子を固唾を飲んで見守りました。3巡目で名前が呼ばれると、柴田君と一緒にドラフト会議の様子を見守っていた部員たちは総立ちになり、試合の応援歌を歌って祝福をしていました。

握手をする鳥山監督と柴田君 鳥山泰孝監督とともに記者会見に臨んだ柴田君は、「指名されてほっとしている。自信がある守備力をアピールして1軍定着を目指したい」と心境を語りました。鳥山監督からは「プロのスタートラインに立った。力をつけて競争に勝ってほしい」とエールが送られました。

ユニホームを着て記念撮影 会見終了後には、4年間練習を積んできた野球場でで記念撮影。昨年横浜DeNAに指名された山下幸輝選手のユニホームを着て大勢の部員たちとともに緊張から解放され喜びを爆発させていました。また、今日は柴田君のご両親も駆けつけ指名の瞬間に立会いました。

部会・サークル