東都大学野球(対中央大3回戦)

記事のみ印刷 全画面印刷

土倉選手 東都大学野球秋季1部リーグは、最終盤。本学は未消化の2試合を残しています。残り試合を連勝すると6年ぶりのリーグ優勝となります。今日は正午から中央大学との3回戦が神宮球場で行われました。先発は、今季全試合に登板し、大車輪の活躍の土倉将君(健体4)。立ち上がり走者を許したものの安定した内容でスコアボードに0を並べました。

主将・柴田選手 打線は、4回に主将の柴田竜拓君(経)が2塁打で出塁すると、犠打で進め内野ゴロの間に1点を先制。その後も打線が続き2死1・3塁とすると、西浦丈司君(法4)のセンターへの適時打で1点を挙げリードを2点に広げました。

 優勝に向けて大きく進んだかに見えた本学でしたが、8・9回に3点ずつを取られ、2-6で逆転負けを喫しました。今季最終戦は、27日(火)午前10時から亜細亜大学との3回戦が予定されています。

中    000 000 033    6
國    000 200 000    2

部会・サークル