東都大学野球(対専修大戦1回戦)

記事のみ印刷 全画面印刷

先発完投の土倉君 本日午後3時30分ごろから、神宮球場で東都大学野球秋季1部リーグの本学硬式野球部と専修大学との1回戦が行われました。今季は、大雨などの影響で試合日程が変更が生じ、今週は1日に3試合を行う変則スケジュールとなっています。対戦相手の専修大学は、春季リーグで優勝し、今季も首位をキープしています。

鈴木君の逆転本塁打 先発は、土倉将君(=写真上・健体4)は、立ち上がりに1点を失うと、味方が逆転をした直後の2回にも3本の安打などで2点を失い、追いかける展開に。しかし3回以降は安打を許さず味方の反撃を待ちます。4回まで1安打に抑えられていた打線は、5回、2四球で走者をためると鈴木薫君(=写真下・経3)がライトスタンドに逆転3ラン本塁打を放ち再逆転に成功しました。

 立ち直った土倉君は、9回を投げ抜き今季初の完投勝利。5-3で初戦を手にしました。明日の2回戦は午後3時からの予定で、連勝での勝ち点奪取に挑みます。

専    120 000 000    3
國    200 030 00X    5

部会・サークル