吹奏楽部恵比寿麦酒祭り演奏

記事のみ印刷 全画面印刷

毎年開催されている恵比寿麦酒祭り 本学体育連合会吹奏楽部は、恵比寿ガーデンプレイス(渋谷区)で開催された恵比寿麦酒祭りのオープニングセレモニーを担当しました。

会場を盛り上げた吹奏楽部の演奏 同イベントは、渋谷区恵比寿に本社を置くサッポロホールディングス株式会社始めグループ各社が主催するもので、本日から9月23日(水・祝)まで続く毎年恒例の地域連携・復興支援イベントです。午後3時から始まったセレモニーは、開催を知らせる同部演奏のオープニングファンファーレで始まりました。

挨拶する上條社長(左)と長谷部区長(中央) 主催者を代表して、サッポロホールディングス株式会社の上條努社長兼CEOが、来賓として、長谷部健渋谷区長がそれぞれ挨拶しました。

尾賀社長による乾杯 その後、サッポロビール株式会社の尾賀真城社長による乾杯の発声の後、吹奏楽部により「第三の男」が演奏されました。「第三の男は」同社が販売するエビスビールのテーマ曲としても有名で、この日のために吹奏楽部は練習を重ねてきました。本学吹奏楽部の晴れ舞台ということもあり、会場には赤井益久学長も駆けつけました。

演奏する吹奏楽部 セレモニーの後半では、引き続き同部による「セプテンバー」と「イン・ザ・ムード」の演奏があり、会場が華やかなムードに包まれました。演奏終了後には来場者から吹奏楽部へ惜しみない拍手が贈られました。吹奏楽部の皆さん、お疲れさまでした。

部会・サークル