東都大学野球(対中央大戦1回戦)

記事のみ印刷 全画面印刷

櫻吉君の適時打 本日午後1時から神宮球場では、東都大学野球秋季1部リーグの本学硬式野球部対中央大学との1回戦が行われました。先々週の日本大学戦では、打線の奮起が期待されました。3回には死球の走者を2つの犠打で3塁に進めると、2番・櫻吉宏樹君(経営4)の適時内野安打で先制しました。今日の先発は、これまでリリーフとして活躍してきた土倉将君(健体4)。安定した立ち上がりで相手打線を封じていましたが、3回に2死満塁のピンチから走者一掃の3点2塁打を打たれ逆転を許しました。その後も再三再四走者を出し好機を作るも決定打に来た本学は2-4で惜敗。開幕から3連敗となりました。

中    000 300 100    4
國    001 100 000    2

部会・サークル