東都大学野球(対日本大戦2回戦)

記事のみ印刷 全画面印刷

先発・新ヶ江君 東都大学野球秋季1部リーグの本学硬式野球部と日本大学との2回戦が、本日午前10時30分から神宮球場で行われました。昨日の開幕戦を逆転負けで落とした本学は、昨日9回にリリーフ登板した新ヶ江一聡君(経営3)が先発。2回まで一人の走者も許さず安定した投球を見せましたが、3回に四球の走者を許すと、犠打と内野ゴロで進められ適時打で先制を許すと、5回にも追加点を許しここで降板。2番手の土倉将君(健体4)は、4回3分の1を1失点と好リリーフで、打線の奮起を待ちました。

犠飛で1点返す しかし、打線は再三走者を出すも、好機をものにできず、8回に犠飛で挙げた1点止まり。1-3で連敗し、開幕カードで勝ち点を取ることができませんでした。

日 001 010 010    3
國 000 000 010    1

 

部会・サークル