全日本大学対抗ソフトテニス選手権大会

記事のみ印刷 全画面印刷

キャプテンペアの齋藤・宮城 山形県山形市総合スポーツセンターで8月5日・6日と行われた全日本大学対抗ソフトテニス選手権大会男子の部に本学ソフトテニス部が出場し、インカレベスト8の成績を残しました。

 男子大学対抗は77校がエントリ-。本学は初日に行われた2回戦、北海道大学に③-0で快勝、3回戦で前年ベスト8の愛知学院大学に③-0で完勝しました。引き続き4回戦では強豪の明治大学との3次戦にもつれる大接戦を、齋藤翔一君(史3)・宮城利紀君(神文2)のキャプテンペアが僅差でしのぎきり、初日を終えました。

 翌日に行われた準々決勝では、関西の雄・同志社大学と対戦しましたが、この試合も3次戦にもつれる大接戦となりました。1次戦でキャプテンペアが3-0とリードするものの敗れた後、中村駿太君(神文3)・渡邊達陽君(初等3)ペアが粘り3次戦に持ち込みましたが、最終的に同志社大学に押し切られました。

 結果として、部員達の力の結集によりインカレベスト8の好成績を収めることができました。

部会・サークル