若木体育祭@たまプラーザキャンパス

記事のみ印刷 全画面印刷

フットサル 本日、たまプラーザキャンパスでは第53回若木体育祭が開催されました。天気にも恵まれ、午前9時の開会式から多くの学生が参加し、選手宣誓や準備体操の後、競技がスタート。部会やサークル・クラスメイトなどでチームを組んで参加した学生たちは、グラウンドやアリーナなど5つの会場で、フットサルやバレーボール、ドッジボール・3on3バスケなどで熱戦を繰り広げました。
 学生のみではなく、教職員が今年度も各競技にチームで参加あり、学生との親交を深めました。
 競技の中で人気が高かったのは、午前のフットサルと午後の3on3バスケ。それぞれ24チームが参加して繰り広げられたハイレベルな戦いに、応援にも熱が入っていました。

ソングリーディング 競技のほか、吹奏楽部の演奏と、ドリル競技部SEALSによるチアダンス(ソングリーディング)、全学応援団のリーダー公開も披露され体育祭を盛り上げました。

部会・サークル