東都大学野球(対専修大戦2回戦)

記事のみ印刷 全画面印刷

先発の沖垣君 神宮球場では、午後2時45分ごろから東都大学野球春季1部リーグの専修大学との2回戦が行われました。昨日の試合で開幕からの専修大学の連勝を止めた本学は、変則左腕の沖垣泰史君(経4)が先発。2回にソロ本塁打で1点を失うものの、打線が直後に取り返し、その後は投手戦に。6回までを被安打4、1失点と好投。7回からは2連投の土倉将君(健体4)が1本の安打も許さず3回を抑えると、9回裏に2本の安打と四球で1死満塁のチャンスを作り、2投手の好投をリードした捕手の大前将吾君(法4)が押し出し四球を選びサヨナラ勝ち。首位の専修大学を相手に2連勝で勝ち点を挙げました。

 

専 010 000 000 1
國 010 000 001× 2

部会・サークル