東都大学野球(対専修大戦1回戦)

記事のみ印刷 全画面印刷

柴田君のソロ本塁打  ゴールデンウイーク真っ盛り。今日午前10時30分から神宮球場では、東都大学野球春季1部リーグの本学硬式野球部と専修大学との試合が行われました。専修大学は、今季負けなしで歴史的な快進撃を続けています。

  先攻の本学は、初回から4番・久保田昌也君(健体3)の適時打などで2点をリード。3回には3番・主将の柴田竜拓君(経3)のソロ本塁打(写真)で、5回には柴田君、久保田君の連続適時二塁打で加点しリードを広げました。

先発した新ヶ江君   投げては、先発・新ヶ江一聡君(経営3)が、打たせて取る投球で6回2失点で好調の専修大打線を抑え、9-3で、初戦を制しました。

 

國 201 021 012 9
専 000 200 001 3

 

部会・サークル