東都大学野球(対拓殖大戦2回戦)

記事のみ印刷 全画面印刷

久保田君の先制適時打 東都大学野球春季1部リーグは、第2週の2回戦。拓殖大学との1回戦に先勝した本学は、午後1時30分から試合に臨みました。

 先発は、本学が新ヶ江一聡君(経営3)、拓殖大学が尾松君。両投手ともに制球が安定しないながらも試合を作りました。打線は、1回に四球の走者を進め2死3塁とすると4番・久保田昌也君(健体3)が右中間に先制適時打を放ち1-0(写真)。その後は、再三得点圏に走者を出し追加点の機会を作るも、打線がつながらず一進一退の攻防が続きました。

 7回には、4つの四死球で逆転を許しますが、最終9回裏に下位打線からの集中打で2点を奪い逆転サヨナラ勝ちを収め、勝ち点1を手にしました。

 

拓 000 000 200 2
國 100 000 002× 3

部会・サークル