東都大学野球(対拓殖大戦1回戦)

記事のみ印刷 全画面印刷

先発した沖垣くん 東都大学野球春季1部リーグは先週開幕しました。先週は試合が組まれなかった本学硬式野球部は、本日開幕戦を迎え、午前10時30分から神宮球場で拓殖大学との1回戦が行われました。

 本学の先発は、変則左腕の沖垣泰史君(経4)。立ち上がりは走者を許したものの安定した投球で7回途中までを投げて凡打の山を築きました。打線は2回に適時2塁打と犠飛で2点を先制すると、5回には4本の長短打を集中させて3点を追加し相手を突き放しました。6回には今年主将としてチームを牽引する3番・柴田竜拓君(経3)の2点適時2塁打でダメ押し。繋がる打線で試合を決めました。

応援 終盤に3点を返されましたが、7-3で初戦を制し、2011年秋以来の優勝に向けて幸先のよいスタートとなりました。大量7点を挙げた試合に、スタンドで応援する硬式野球部員や全学応援団なども大盛り上がり。得点時には応援冊子を掲げて声援を送っていました。

 

國 020 032 000 7
拓 000 000 030 3

 

 明日は、午後1時から神宮球場で、拓殖大学との2回戦が行われる予定です。

部会・サークル