書道研究会第59期卒業記念展覧会「菓展(かぁてん)」

記事のみ印刷 全画面印刷

展覧会の様子 書道研究会第59期卒業記念展覧会「菓展(かぁてん)」が、今日と明日の2日間学術メディアセンター多目的ホールで開催されています。「4年間の学生生活の幕引き」「ある物事の終結として生成するもの」という意味をこめてつけられて「菓展(かぁてん)」という展覧会の名前の下、9人の4年生の力作や、佐野光一文学部教授、橋本貴朗文学部准教授の作品などが展示されています。

 会場では、4年生の学生が来場者を作品の説明をしながら案内する姿が見られました。

部会・サークル