箱根駅伝@5区

記事のみ印刷 全画面印刷

 

大平台を走る大下君 いよいよ往路の終盤、箱根の山登りの5区です。
 箱根駅伝の名所山登りは、3年連続となる大下稔樹君(経ネ3)。本学の山神とも言える箱根の山のエキスパートです。

 19位と僅差の総合順位20位で吾妻君から襷を受け取り、一気に山道へ。
 慣れた足運びで山道を登るものの、トップから開いた時間はなかなか狭まりません。
 区間14位の走りで、総合順位19位で往路ゴールしました。

 

最後の力走をする大下君 トップとの差は18分50秒。シード権となる10位との差は約7分。まだまだシードは射程内です。
 明日の復路での選手たちの走りを期待するとともに、沿道やテレビ等でもしっかり応援していきましょう。

部会・サークル