第81回全日本学生キックボクシング選手権大会

記事のみ印刷 全画面印刷

 本日後楽園ホールで、第81回全日本学生キックボクシング選手権大会と2014チャンピオントーナメント決勝が行われました。

 今回は、6階級のチャンピオン決定戦を含む全19試合が行われ、本学からはウェルター級(61.2kg~66.6kg)の試合に太田健介君 (経営4)、そしてフェザー級(53.5kg~57.1kg)のチャンピオン決定戦に滝川譲君 (外文3)が出場しました。第3試合に登場した太田君は、国士舘大の森香津眞君と対戦。試合開始と同時に積極的に攻めますが、相手の効果的な攻撃により、惜しくも1ラウンド目の2分28秒にKO負けを喫しました。

  第16試合目に行われたフェザー級チャンピオン決定戦で滝川君は、東洋大の丸吉伴幸君と戦った。前半はやや攻められる場面もあったが、1ラウンド目の2分30秒に一瞬の隙をついて1回目のダウンを奪うと、その勢いのまま攻め続け2分47秒に2回目のダウンを決めて見事KO勝ちを収めてチャンピオンに輝きました。

部会・サークル