東都大学野球(対駒澤大戦2回戦)

記事のみ印刷 全画面印刷

同点のホームイン 昨日につづき、本日午前10時30分ごろから神宮球場では、東都大学野球秋季リーグ駒沢大学との2回戦が行われました。

 本学は、川久保慎太郎君(日文3)が先発。初回に先制点を許し、2回も1死1・3塁のピンチを招くも、川久保ー佐々木バッテリーは冷静に相手のスクイズサインを外してピンチを切り抜け流れを渡しません。すると、その裏に昨日零封の打線が奮起。振り逃げと敵失で2点を返し逆転すると、その後も小木曽亮君(健体4)の2点適時三塁打で突き放しました。

 投手陣は、川久保君から栃谷弘貴君(健体4)、沖垣泰史君(経3)とつなぎ、6-2で今季初勝利を挙げました。

 

 

駒 100 010 000 2
國 040 002 00× 6

 

 明日は正午から勝ち点を目指しての3回戦が行われます。

部会・サークル