全日本卓球選手権大会(1日目)

記事のみ印刷 全画面印刷

 今日から1月19日(日)まで6日間の日程で「天皇杯・皇后杯 平成25年度全日本卓球選手権大会」が東京体育館で開催されています。
 この大会は今年5月に東京で開催される「JA全農2014年世界卓球団体選手権東京大会」の選考会も兼ねており、男女シングルス、男女ダブルス、混合ダブルスの5種目に各都道府県の予選を勝ち抜いた精鋭が参加しています。今回、本学からは神奈川・静岡・長野・石川・富山・福井・香川各県の代表として3種目に8名が出場しています。
 初日の今日は混合ダブルスに5名が出場し、そのうち2ペアが3回戦まで勝ち上がりました。石川県代表の町田幸希(神文2)・
須藤 洸(専修大)組のペアは、3回戦で吉村真晴(愛工大)・石川佳純(全農)組と対戦し、惜しくも敗れしました。

 東京体育館では明日以降も熱戦が続きます。

部会・サークル