陸上競技部箱根駅伝必勝祈願祭@明治神宮

記事のみ印刷 全画面印刷

 新春の箱根駅伝に4年連続で出場する陸上競技部の「箱根駅伝必勝祈願祭」が、15時15分から明治神宮で執り行われました。 
 前田康弘陸上競技部監督以下、1次エントリーの16選手とマネージャー、大学・陸上部関係者も合わせて総勢約30名が参列、本番での健闘、快走を祈願しました。

 

 こちらは正式参拝の模様。前田監督が代表して玉串を奉納、選手たちも監督に合わせて拝礼しました。
 この後、神楽殿にて「祈願祭」が執り行われ、必勝御守等をいただきました。

 

 

 参拝後には「選手激励会」が催され、前田監督そしてキャプテンの寺田君から、応援への感謝の気持ちとともに、チーム全体力で箱根路に臨むという力強い言葉が、発せられました。

 今年も先輩からのエールとして、陸上部OBで第79回箱根駅伝で10区を走り、卒業後明治神宮に奉職した片山敦輝さん(平成15年卒、111期)からも激励の言葉が送られました。

 

 

 第90回東京箱根間往復大学駅伝競走「箱根駅伝」まで、いよいよあと10日となりました。
 新春の箱根路での彼らの快走にご期待ください。TVの前はもちろん、ぜひ沿道での直接のご声援もよろしくお願いいたします。ここ取材日誌でも当日最新ニュースを流せるように頑張ります。

 また、Twitterでは選手への応援メッセージや、箱根駅伝当日の沿道の最新情報をつぶやく応援キャンペーンも始まっています。こちらでも、御声援をお待ちしています。

部会・サークル