東都大学野球開幕戦(対拓殖大戦1回戦)・学生部企画強化部会応援ツアー(第1弾)

記事のみ印刷 全画面印刷

 東都大学野球秋季1部リーグは、今日神宮球場で開幕です。本学硬式野球部は、第2試合で昨季2部優勝、初の1部昇格となった拓殖大学と対戦しました。本学の先発は、この夏、日米大学野球日本代表にも選ばれた杉浦稔大君(日文4)。140キロを超える速球とキレのある変化球で相手打線を抑えたいところでしたが、立ち上がりから四球とヒットで走者を許すと、相手中軸のタイムリーヒットと犠牲フライで2点を先制されます。

 早々に追いかける立場に立たされた攻撃陣は、相手投手の前になかなか出塁することができず、2回表に2本のヒットと相手のエラーで1点を返したほかは中盤まで打線は沈黙。対照的に、打線がつながった拓殖大学に杉浦君が打ち込まれ、5回に3点を失い、救援陣にマウンドを譲ります。そのリリーフ陣も7回に3点を奪われ、合計8失点と不安が残る開幕戦となってしまいました。攻撃陣は、終盤8回に3連打で無死満塁のチャンスを作るも、春田一馬君(史3)で挙げた1点どまりで大量得点とはなりませんでした。結果は、2-8でリーグ優勝へ好スタートとは行きませんでした。

 明日は、午前10時30分から拓殖大学との2回戦が行われる予定です。在学生や卒業生の方も、神宮球場まで足を運び、硬式野球部を応援しましょう。

國    010 000 010  2
拓    200 030 30X 8

 

学生部企画強化部会応援ツアー(第1弾)

 学生部では、本学学生を対象とした新しい取り組み、学生部企画「強化部会応援ツアー」の第1弾として本日の東都大学野球開幕戦の観戦参加者を募集。多数の学生がスタンドから選手たちのプレーに声援を贈っていました。「強化部会応援ツアー」に参加した学生には、「大学オリジナルマフラータオル」がプレゼントされ、本学の得点シーンには、スタンドでスクールカラーのタオルが揺れ動いていました。

 「強化部会応援ツアー」は、明日の拓殖大学との2回戦でも行われます。飛び入り参加も可能ということですので、硬式野球部の学生たちの活躍を球場で間近に観たいという学生の皆さんは、神宮球場1塁側の本学受付に試合開始前までにお越しください。なお、雨天などにより試合が順延になることがあります。情報が入り次第、取材日誌「お知らせ」欄でも告知しますが、東都大学野球の公式サイトでもご確認ください。

部会・サークル