全日本大学駅伝予選会

記事のみ印刷 全画面印刷

苦しい表情で食らいつく寺田君  11月3日に熱田神宮ー伊勢神宮間で行われる全日本大学駅伝の予選会が、本日午後5時から国立競技場で行われました。本学陸上競技部は2006年以来の本戦出場を目指して挑みました。

 出場校20校から 1チーム8名が2名ずつの4組に分かれて、それぞれ10,000メートルを走り、その合計タイムを競います。今年は昨年より2校多い上位7校が本戦の出場権を獲得します。

  梅雨の合間の晴天の下、各組ともに熾烈な上位争いが繰り広げられ、スタンドからは声援と拍手が飛んでいました。本学は、主将の寺田夏生君(健体4)らが何とか食らいつきましたが、わずかに約30秒及ばず8位で出場権獲得はなりませんでした。

 今回の悔しさを胸に10月に行われる箱根駅伝の予選会では雪辱を果たしてくれることを期待したいと思います。

部会・サークル