グランドスラム東京2012

記事のみ印刷 全画面印刷

 速報で予選の様子をお伝えしたグランドスラム東京2012。午後5時ごろからは、本日行われた4つの階級の準決勝・決勝が行われました。

 準決勝まで勝ち進んだ本学職員の川上智弘選手は、ロシアのヴォロビエフと対戦。思うように組むことができずに、苦しい展開が続きます。十分でない体勢ながら技を仕掛けますが、うまくかわされ、残り1分のところで攻めに出たところを相手に突かれて一本負け。惜しくも同大会連覇はなりませんでした。

 川上選手は、81kg級で日本人選手最高の3位入賞という結果で大会を終えました。

部会・サークル