硬式野球部入替戦(3回戦)

記事のみ印刷 全画面印刷

勝ち越しのHRを放つ藤本君 東都大学野球リーグ1部2部入替戦、対日大3回戦が、本日10時から神宮第二球場で行われました。本学が勝てば1部昇格が決まる今日の試合は、手に汗握る熱戦となりました。
 本学宇野君(経4)、日大山井君の先発で始まった試合は、両校とも初回から相手投手の立ち上がりを攻め、4-2と点を取り合います。
 立ち直ってきたと見えた宇野君でしたが、3回には四球のランナーを適時打で返され、4-3。さらに5回にはソロ本塁打を浴び、ついに同点とされます。宇野君はここで交代となり、5回以降を山崎(福)君(経ネ4)、そして昨日先発完投勝利の杉浦君(日文3)とつなぎます。
 2回以降走者を出しながらも決定打が出ず、無得点に抑えられていた打線は、7回裏に藤本君(経営3)、石川君(健体3)の2者連続本塁打が飛び出し勝ち越しに成功。この回更に後続がつながり1点を加え、7-4と3点をリード。

HRに沸くスタンド しかし直後の8回表には、2本の安打と味方のエラーで無死満塁の大ピンチに。ここで適時打と押し出し死球で2点を奪われてしまいましたが、3つのアウトをすべて三振で取り、辛くもピンチを切り抜けます。
 杉浦君は、9回表も三者凡退で押さえ、7-6で本学が勝利。対戦成績は本学の2勝1敗となり、本学の1部昇格が決まりました。

日大 201 010 020=6
本学 400 003 00X=7
(日)●山井-湊=柴原 (國)宇野-山崎(福)-○杉浦=石川

 雨の予報にもかかわらず、今日も多くの方がスタンドへ応援に駆け付けてくださいました。6回裏、藤本君、石川君の連続本塁打が飛び出した時には、応援グッズとして配布されたタオルを頭上高くで振り、皆さん喜びを表しておられました。

マウンドに集まる部員たち 勝利の瞬間、選手たちはマウンドに駆け寄り、1年ぶりの1部昇格の喜びを爆発させていました。

 来る秋季リーグは1部で熱戦を繰り広げることとなります。スタンドからの熱い応援をよろしくお願いいたします。

部会・サークル