公開学術講演会

記事のみ印刷 全画面印刷

 本日、午後3時より、渋谷キャンパスの常磐松ホールにおいて、公開学術講演会「折口信夫と神道・国学」が行われました。今回は阪本是丸・神道文化学部教授による講演で、長きにわたる研究において気にかけてきた「折口信夫」という存在、 國學院という、神道も国学も避けて通ることができない研究および教育の場において、「折口信夫」が多くを考え、その思想がまた神道や国学に影響を与えたことなどを緻密な資料精査から導き出し、論じました。その詳細な内容をまとめた資料が配布されたことから、参加者の多くは時折資料に目を落としつつ、熱心に聞き入っていました。

イベント(学外者開放型)