渋谷区民大学講座

記事のみ印刷 全画面印刷

 國學院大學渋谷区民大学講座が本日、渋谷キャンパス常磐松ホールで行われ、「「渋谷らしさ」から見た渋谷の歴史」と題して手塚雄太文学部准教授が講演しました。手塚准教授は、國學院大學が創立120周年を機に開始した「渋谷学」の研究成果を踏まえながら幕末、明治~平成の歴史をたどりました。渋谷駅周辺の盛り場と、文教住宅地区との2つの「渋谷らしさ」があるとしたうえで、明治時代後半以降人口が増加する中、戦争を経て多様な渋谷らしさが発展することを指摘しました。

イベント(学外者開放型)