企画展「和歌万華鏡」ミュージアムトーク

記事のみ印刷 全画面印刷

 本日午後2時より、國學院大學博物館にて企画展「和歌万華鏡」のミュージアムトークが開催されました。企画展を監修した荒木優也・研究開発推進機構客員研究員による今回のミュージアムトークは「歌書のみかた」と題して行われ、歌の内容や、歌書の装丁等の説明から、和歌には様々な魅力があることや、その楽しみ方についての説明がなされました。現代の歌が登場したり、本居宣長のセリフが出てきたりと、趣向を凝らしたトークに聴講者は時折笑い声をあげながら、聴き入っていました。

 来週5月27日(月)の展示替えを経て、6月1日(土)にも同研究員によるミュージアムトーク「恋歌を読む」が開催されます。ご興味がおありの方はぜひお越しください。

イベント(学外者開放型)