令和元年度 若木育成会本部総会

記事のみ印刷 全画面印刷

 若木育成会は、全国各都道府県の56支部で構成されている本学在学生の保護者の会です。結成から40年以上の歴史があり、年間を通して大学とも連携した活動を活発に行っています。
  本日は、本部役員と全国の支部長が渋谷キャンパスに集まり、全国支部長事務連絡会や本部総会などの行事が行われました。

全国支部長事務連絡会

 午後1時半から、全国支部長懇談会が学術メディアセンター常磐松ホールで行われました。若木育成会会長、武智浩二大学事務局長のあいさつに続き、支部活動に関わる連絡事項や事例紹介等がありました。さらに支部活動の活性化や支部の集いへの出席率向上についても、本年度より支部の集いのプログラムを変更する東京支部より内容の報告がなされる等、積極的な意見交換が行われました。

本部総会

 午後3時から、学術メディアセンター常磐松ホールで開催された若木育成会本部総会では、前年度事業報告および決算報告のほか今年度事業計画についての審議が行われました。また 今年度の会長等の役員選出では、会長を勤められた加藤圭子会長が退任され、堀江久教副会長が新会長に就くことが承認されました。
 その後、永年に亘り本部役員を務められた加藤氏には大学から、また3年間に亘り支部長を務められた3氏に会から、それぞれ長年の活動への尽力をたたえる感謝状が贈呈されました。

懇親会

 午後6時から、会場を品川プリンスホテル「プリンスルーム」に移し、若木育成会本部総会懇親会が開催されました。開会の挨拶や祝辞に引き続き、若木チャレンジ賞の表彰が4団体と個人1人に対して行われ、終始和やかな雰囲気で懇親会が進められました。5月25日からは、全国各地区で支部の集いがスタートします。本学教職員が伺いますので、その節は是非よろしくお願いいたします。

イベント(学外者開放型)