鹿鳴家英楽の英語落語セミナー

記事のみ印刷 全画面印刷

 文学部外国語文化学科の「文化発信型英語力開発活動」の一環として11月22日、鹿鳴家英楽師匠による英語落語のセミナーが渋谷キャンパス130周年記念5号館で開かれました。国内外で英語落語の公演を行う英楽師匠は、日本独自の文化で、庶民の暮らしや風俗を描く落語をどのように英語で表現しているかなどを紹介したのち、古典落語の「真田小僧」を英語で披露しました。

 その後、参加者が高座に上がり英語の小噺を実践してみるなどして、英語落語の世界を楽しみました。

イベント(学外者開放型)